履歴書を書くときに気を付けたいこと

皆様
こんにちは、筆跡アナリストのMIZUHOです。

今回は履歴書の書き方に関してです。

今でこそ、オンラインでエントリーしたりもしますが、履歴書を手書きで書くという文化が

日本では残っていますよね。

『いつも文字を書かないので書きにくい・・・』、『普段PCを使用するので履歴書を

わざわざ手書きで書くのが面倒』

と思っている方

いらっしゃいませんか??面倒だなという考えを封印して丁寧に書いた方が

印象アップします。

実は面接官の方は、エントリーしている方の履歴書の文字を見て、 

ある程度『こういう人物ではないか。』ということを

考えているといっても過言ではありません。

私自身筆跡診断をもとに、履歴書の文字を読みますが

筆跡診断を全く知らない人事採用者も、文字をもとに判断しているというのを聞いたことがあります。

丁寧そうな文字・・仕事のやり方も丁寧そう

雑な文字・・・履歴書の文字を何故こんな風に雑に書くのか??仕事もきっと適当だろう

という風に。

文字だけで判断されては困るという方いらっしゃるかと思いますが

実際にたくさんのエントリーがある中で選ばれたいのだとしたら、

丁寧に書いた方が評価が上がると考えられています。

採用する側から見たときに、こういう文字は気をつけたほうがいいですよ

といわれる文字がいくつかあります。

気をつけたほうがいいと思われる文字で、超越字、変型字というものがあります。

まずは超越字ですが

なんて書いてあるのか分からない文字のことを指します。

例えは悪いですが病院の先生のカルテの書き方といえば分かりやすいでしょうか??

本人は堂々と書いてますが、周りの人が読めないという弊害があります

そして変型字。

こちらは文字としては読めるのですが

部首の大きさなど本人の都合のいいように書き換えられている文字を指します。

こういう方は物事の解釈が独特で、周りの意見をあまり聞かない傾向がありますので

会社員など、集団行動向きではないといえます。

ただアーティストとしては才能がありますので、個性を発揮できる場では大いに飛躍できると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です