筆跡診断とは

文字通り、書いた文字から性格を診断する学問です。

フランス語で、「Graphologie」グラフォロジーと言い、1871年、フランス人のジャン・ヒポリット・ミッションにより、筆跡(手書きの文字)から性格を分析する学問とし生み出され、141年の歴史があります。ヨーロッパではドイツ、イタリアなどでも盛んを言われています。

フランスでは国家資格で権威のある職業とされており、弁護士、医師、犯罪捜査、進路指導、心的病状の治療、企業の採用から人事の際、職業適性判断材料など、さまざまな分野で広く認められ、活躍されています。

 

筆跡診断から何が解るのか・・・

筆跡心理学=行動心理学深層心理=無意識

日々何気ない行動、歩く、走る、歯磨きをする、箸を持つ、etcこのような行動には、個々のクセがあります。

無意識に行動する(文字を書く)この中から、性格分析をし、好ましくないクセを直し、ポテンシャルを探し、伸ばす事も出来ます。

書いた人の心(性格、信条)その人の人間性を探求するという深い意味があります。

まだ知り合って間もない方の性格をつかめるとして様々な方が学ばれています。

筆跡(文字)は、人格を表していると歴史上に人物も言っている

「書は人なり」いつ頃使われるようになったかは、不明ですが・・・

中国の漢代の「法言」に「書、心画地」とあります。辞書によると、心画の項目には、「文字、書、筆跡」を同意語と示しています。

日本では、貝原益軒は「和俗童子訓」の中で「古人、書は心画なりへり、心画とは、心中にある事を、外にかぎ出す絵なり。故に手蹟邪正にて、心の邪正あらはる。筆蹟にて心の内も見ゆれば、慎みて正しくすべし」と記しています。

高村光太郎は「書は万物に通ずる」。白州正子は「書は人間を現す」と述べています。